Uターン転職成功に向けての心得

更新日:

転職する際の心得

転職して後悔しないために


失敗しないために押さえておきたいポイント

「転職に失敗したくない」と誰もが思っていますが、不満をゼロにすることはできません。ですが、いくつかポイントを押さえておけば不満を減らし失敗を回避することができますよ。
まずは自分をよく理解すること。これは新潟へのUターン転職に限ったことではありませんが、自分を知ることによって「どのような仕事が向いているのか?」「向いていないのは何か?」を見分けることができます。人間には誰しも向き不向きがあります。いくら条件がよくても向いていない仕事を長く続けることはできませんよね。自分の性格や過去の経験などから自分の傾向を知り、向いている仕事に転職することを考えましょう。
転職に失敗する人の多くは「何となく」といった曖昧な理由で行動を起こしている人がほとんど……。転職に失敗しないためには「なぜ転職するのか?」、その理由を明確にしなければなりません。「今の仕事が向いていない」「給料に不満がある」「福利厚生がしっかりしているところに転職したい」など理由は人それぞれ異なると思いますが、理由を明確にすることでどのように行動すればいいのかがはっきりします。また、面接でも必ず聞かれる質問なのでその場しのぎの嘘をつかずに済み、面接官に好印象を与えることができます。
仕事を辞めてから転職先を探す人がいますが、これはリスクが高いのでおすすめしません。経済的な問題はもちろんですが、「後先考えていないのでは?」とネガティブな印象も与えてしまうからです。

強い意思を持つことが大切

独身であれば自由に行動できますが、家族がいる場合はまず家族の理解を得ることからはじめましょう。いきなり転職するといわれても家族は困ってしまいます。「なぜ転職したいのか?」「転職先としてどのようなところを希望しているのか?」を理解してくれるまで話し合いましょう。
また、昔に比べて転職が一般的になったとはいえ、仕事を一度辞めていることに対して不安を抱いている面接官もいます。「すぐに辞めてしまうのでは?」「どれくらい長く働いてくれるのか?」と思いながら面接しているため、「転職に対するフットワークが軽くすぐ辞めてしまう人」という印象を持たれないように注意しましょう。「この職場で一生働く!」と強い意思を見せることが大切です。

失敗をおそれず前に進もう!

「失敗したらどうしよう」と不安もあることでしょう。ですが、そのような失敗は事前に情報を集めてしっかり精査し、判断すれば避けることが可能です。「失敗するかも」という気持ちに引きずられず、自分の判断に自信を持ちましょう。
結果は気の持ちようでいくらでも変えられます。失敗だと思うから失敗なのであって、自信を持って成功したと思えば、それは成功なのです。失敗をおそれては前に進むことはできませんよ。

Twitter