新潟の移住支援制度を紹介

更新日:

充実の支援制度

移住後の生活をサポートする制度が充実している


新潟にUターン転職するなら

Uターン転職を考えている場合、現地まで足を運んで住まいや仕事を探さなければならないと考えている人もいますが、東京でも相談会を行っています。新潟に足を運ぶ必要がないので、気軽に情報を集めることができますよ。Uターン転職をサポートしている機関や詳しい情報を発信しているメディアを紹介するので参考にしてくださいね。

にいがたUターン情報センター

「にいがたUターン情報センター」は東京の表参道にあります。新潟へのUターン転職を希望している人をサポートする機関で、新潟労働局と連携しているため仕事や住まいなどの生活面に関する相談にも応じています。
丁寧に対応してくれるのではじめてのUターンで不安を抱えている人も安心できます。

新潟のUターン・移住情報を発信

「にいがた暮らし」では、Uターン転職や移住の相談をはじめ、新潟県内の各エリアの魅力を紹介するセミナーも開催しています。新潟県庁や厚生労働省のホームページで紹介されているので目にしたことがある人もいるかもしれませんね。新潟県内で行われているイベントはもちろんですが、オンラインのイベントもたくさん開催されているので新潟に行かず自宅から参加することもできますよ。
新潟県公式の「新潟県U・Iターン情報ナビ」には実際に新潟にUターン転職した人のインタビュー記事も掲載されているので、どのような生活を送っているのか一度見てみましょう。

支援制度について

支援制度がどれくらい充実しているかも非常に気になるところです。新潟で行われているUターン転職の支援制度についてまとめてみました。
まずは奨学金の返還支援制度。これは新潟出身のUターン転職者を対象として奨学金の返済を支援する制度で、要件を満たした人は最長6年間、最大120万円の助成金が受け取れる、というものです。
また、米作りや農業が盛んな新潟では就農希望に対して資金補助などのサポートする制度もあります。地方の過疎化が進行している今、農業従事者の高齢化も大きな問題となっています。若手がおらず農業を継ぐ人がいないため衰退の一途を辿っているのです。そのため、若者の農家を増やすことを目的としてこの支援制度が設けられました。
就農希望者向けのサポートとして農業のスキルアップや経営を安定させるための支援も充実しているので、農業経験がない人も大丈夫ですよ。
詳細は新潟県庁の公式サイトに記載されているので確認してみてくださいね。

エリアごとの支援制度

市区町村独自の支援制度もあります。出産や子育てなどにかかる医療費の補助や移住支援の補助など色々あるので、事前に確認しておくといいですよ。
例えば新潟市の場合、知識や技術の習得を一部補助する「創業準備補助事業」や、起業する場合に資金を融資する「中小企業開業資金」などの支援制度があります。

Twitter